生命保険を選ぶ

現代では生命保険に加入することは当たり前のようになっていますが、現代のような生命保険はイギリスのロンドンで1762年に発祥しました。
1868年に福沢諭吉が日本に生命保険の制度を紹介していますが、本格的な生命保険会社が設立されたのは1881年です。
しかし、当時は人の命を金儲けにしてはいけないという風潮が強く、生命保険に批判的な考えを持つ人が多かったようです。
現在のように生命保険が日本に普及したのは、世界第二次大戦後のことです。

今や、昔の批判的な声が嘘だったかのように、万が一に備えて生命保険に加入しておくことが常識。
日本にも多くの生命保険会社が誕生し、様々な種類の生命保険が考え出されました。
終身保険、養老保険、学資保険、ガン保険、個人年金保険などが代表的な生命保険ですが、様々な特約が付加されていますので、その中身は色々で、受け取ることができる保険金の金額も時期も異なります。

特約は、医療特約や介護保険特約、ガン特約、災害割増特約、障害特約などがあります。
自動で付加される特約もありますが、生命保険によっては自分で選んで付加できるものもあり、それが現代の生命保険の主流です。
死亡保険金だけが受け取れるのではなく、病気にもケガにも対応できるように、自分なりに組み立てるのが現代の生命保険と言えるでしょう。

しかし、あまりにも多い生命保険の種類。
どれを選べば良いのか迷っている人も多いことでしょう。
当サイトでは、どのようにして生命保険を選べば良いのかについて説明しています。
それを参考にして、自分に合った生命保険を選ぶようにしましょう。



■注目サイト
生命保険の見直しを考えている方が無料で専門家に相談出来るサイトです → 保険 見直し